MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

最近話題のNFT

 

それを始めるためにはいくつかの準備をしなければならないのですが、その準備のひとつに入れられるのがWebウォレットの作成です。

 

その中でも代表的でほとんどのNFTユーザーが利用しているといわれているのがMetaMaskです

 

MetaMaskはNFTを行う時にどのような必要性があるかというと

 

●NFT作成、売買に使用するトークンの保管

 

と一言でいえばそんな感じです。

 

 

どのような用途でこれからNFTに挑戦されるかは各個人であると思いますが、どんな方も必ずイーサリアムから変換したようなトークンと呼ばれる通貨は必要となってきます。

 

そこで今回は実際に私がMetaMaskを作成した手順を順に画像付きでご紹介していきたいと思います。

 

今回は(自分も含めて)英語が苦手な方用にGoogle翻訳で日本語に変換した状態で掲載していきたいと思います。

 

それでは実際の口座作成方法を見てきましょう。

 

 

~ イーサリアムなどの購入おすすめはコインチェック ~

 

コインチェック

 

おすすめポイント

★アプリダウンロード数No.1!

★NFTに対応している数少ない取引所

★イーサリアム購入からMetaMask送金までがスムーズ

 

= 詳細はこちらから =

 

 

 

MetaMaskの口座を作成方法

どのような用途で使用?

そもそもMetamaskとはNFTを行う時にどのような用途で必要なのか、というところをご説明したいと思います。

 

仮想通貨(イーサリアムなど)を取引所で購入
[コインチェックなどを利用]⇓ ⇓
仮想通貨購入後トークンに交換し

Webウォレットで保管
[Metamaskなど]⇓ ⇓

WebウォレットからNFTの

売買やガス代の支払いを行う

 

上記のような役割をWebウォレット(Metamask)は担っています。

 

要はNFT売買に必要な通貨の保管には必要なツール

と言うことになります。

 

ただ、安心してください!

 

登録自体はそんなに難しくありません♪

 

そして少し不安に思う方もいらっしゃるセキュリティ面

 

この部分に関しても、最後に自分自身で守る方法なども解説していますので、口座作成の方法完了後に併せてご確認ください。

 

それでは口座開設方法について説明していきたいと思います。

 

口座作成方法

それでは早速口座作成方法を図解でご紹介していきます。

 

今回は分かりやすいようにGoogle翻訳で日本語にした状態で説明をしていきますが、デフォルト状態では英語の表記となっています。

 

ですのでそこは見比べながらこちらでボタンの意味を理解してもらって操作に進んでもらえればと思います。

 

 

①トップページへのアクセス

それではまず下記のURLからサイトにアクセスし、「作成」ボタンから口座の作成に進んでいきましょう。

 

【opensea公式サイト】

https://opensea.io/?locale=ja

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

②MetaMaskを入手する

次に下記画面から「MetaMaskを入手する」を押して次の画面に進みます。

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

③使用ツールを選択する

次にMetaMaskを使用するツールを選択していきます。

 

基本的に今回はOpenseaでNFTを作成する前提でMetaMaskの口座を作成します。

 

そのため今回はOpenseaの作成や売買などに現時点で対応しているのはchrome(クローム)のため、それに併せる形でchrome(クローム)を選択していきます。

 

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

現在でもOpenseaのApple・Android版は出ているのですが、2021年現在では基本的に他の人の作品を見る専門のようなアプリとなっており、chromeのブラウザで出来る機能からはかなり制限が付いた感じになっております。ですので基本的にはchromeで統一させていくことがしばらくは無難かもしれません。

 

もしかするとトークンを管理するのはスマホアプリにして、chromeはPCのブラウザにして何か障害やトラブルがあった時のリスクヘッジのためにあえて分けるという方法もあるかもしれませんが、またそのあたりの考察については書いていきたいと思いますが、現状はchromeで作成していて問題は起きていないので今回はchromeで作成していきたいと思います。

 

また下記のようにFirefoxやEdgeなどもサポートされているようなので、普段お使いのブラウザに合わせてご利用いただければと思います。

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

 

④ダウンロード

それでは③の作業が完了すると下記の画面が表示されますので「開始」をクリックしてウォレットの作成に進んでいきましょう

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

それではツールをダウンロードしていきたいと思いますので、右側の「ウォレットを作成」から作業を進めていきましょう。

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

⑤秘密のバックアップフレーズ

ダウンロードしていくと下記画面が表示されます。

 

その画面の「秘密の言葉を表示するためには、ここをクリックします」という項目をクリックしてください。

 

 

そこをクリックするとアルファベットなどのキーワードが表示されますので、このキーワードをメモなどに保存しておきましょう

 

 

このキーワードは次のページで、認証を行うために必要となってきますので、しっかり残しておいてください。

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

そしてこの次のページで秘密のバックアップフレーズを聞かれますので、先ほど保存しておいたキーワードを入力します。

 

 

そうすると・・・・

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

このように口座が無事完成された画面が表示されますので、口座作成完了となります。

 

⑥口座作成完了

口座作成完了されると下記のような画面が表示されますので、ここがトップページとなり、今後トークンの管理などがこの画面から行うことが出来ますのでブックマークなどに残しておきましょう。

 

MetaMaskの口座を作成しよう ~NFTをはじめる時に必要な準備を写真付きで~

 

※注意事項

最後に注意事項なのですが、この作成の手順の中にも表示されるので把握することとなりますが、MetaMaskにログインする際に使用するID・パスワードの保管は厳重に保管するように明記されています。

 

具体的な内容としては下記のものになります

 

推奨される保管方法

●身内なども含めて他人に一切口外しない

 

●紙などのネットワークに繋がっていない方法での保管

 

とこのようにネットワークに繋がっていない、俗に言われるようなコールドウォレットの状態で保管するということが推奨されています。技術が進歩している一方、攻撃する側も進化しているため完全なセキュリティーが担保されているという訳では無いということでもあるようなので、そこらへんは自分の身は自分で守るための術も考えておかなければならないということですね。

 

新しい技術を楽しむことと一緒に、セキュリティの部分もしっかり自分で守っていくことによって、楽しくNFTをはじめていきましょう!

 

 

NFTで必要な仮想通貨を買いやすい取引所No.1! 

 

コインチェック

 

 

おすすめポイント

〇アプリダウンロード数No.1!

〇NFTに対応している数少ない取引所

〇イーサリアム購入からMetaMask送金までがスムーズ

 

= 詳細はこちらから =

 

 

© 2021 僕のアンチエイジング