最悪な状態のモチベーションから立ち直りたい時に持っておきたい考え方5選

最悪な状態のモチベーションから立ち直りたい時に持っておきたい考え方5選

みなさんこんにちは、こんばんは。

 

さて、日常を過ごしていると調子よく物事が進む日もあれば、全くうまくいかない日もありますよね。

 

そんな浮き沈みのある日の中で、

 

 

「なんでこんなにも全部うまくいかないんだろう」

 

「あまりにもショック過ぎて立ち直れない」

 

「もう気力が・・・orz」

 

 

なんてことも1度や2度はあるのではないでしょうか。

 

そんな状況から立ち直るには、様々な立ち直り方があると思いますが、その中で一番立て直しにくいのが精神的な部分であったり考え方の部分であったりします。

 

そこで今回は最悪なモチベーションから、あなたを引き上げさせる方法をご紹介していきたいと思います。

 

まさに今、立ち直りたい状況なあなたへ

 

あなたが使いやすいと思ったものをピックアップしていってもらえればと思います。

 

それではご紹介していきましょう

 

 

モチベーションを戻す方法

最悪な状態のモチベーションから立ち直りたい時に持っておきたい考え方5選

何かのアクシデントで。

些細なきっかけから・・・

 

最悪なモチベーションになってしまうことは、本人が予期しない状況で急に現れることがあります。

 

では、モチベーションを戻すことが難しい状態とはどのような状態なのでしょうか?

 

主に考えられる要素としては、これらの3つの状態のどれかに当てはまる時に悪い循環に入ってしまうことがあります。

 

3つの負のスパイラル

●現状を飲み込みきれていない

 

●まだ不安が頭に残っている


●先行きが見通せない

 

このような状況があなた自身の中に残っていると、その後の行動や作業などにも悪い影響を与えてしまうことになってしまうのです。

 

ここで大切なことは

 

その後に引きずらない

 

ということです

 

 

今回は、不安な思いを軽減するために行ってもらいたい私が実践している考え方をご紹介していきたいと思います。

 

引きずってしまう時間が長引くことは、あなたにとって時間のロスにもなってしまいます。

 

あなたが本当に不安を断ち切ってモチベーションを戻したいと考えているのならば、今日ここから頭をリフレッシュしていきましょう♪

 

起きてしまったことは戻らない

まず最初に頭に置いておいて欲しいこと、からご紹介したいと思います。

 

 

何か直近で悪いことが起こってしまったとします

 

その時、

1分前や1秒前に起こってしまった

悪いことは過去のことです

 

 

その事実はもう変わりません

 

 

なので、この事実に固執してしまうことはあまり得策ではありません。

 

 

この起こってしまった悪いことを、その後どう捉えるのかでそこからのモチベーションは大きく変わってきます。

 

 

起こってしまったことを引きずる

⇓ ⇓ ⇓

起こってしまったことは変わらないので
これをどう解決するかを考える

 

または

 

起こってしまったことは
もう変わらないので
諦めて次を考える

 

と、このように頭の中を変換してみてください。

 

そうするとたとえ大きな出来事でも、その後問題にどう対処できるかというスピードが変わってきます。

 

そうすればより悲しみに寄り添わなければならない時間も、結果としても減ってきます。

 

 

起こってしまったことは変わりません。

 

そこは割り切って次に進む方法を考えてみることは、あなたをラクにさせる手段のひとつであることを頭の片隅に置いておいてもらえればです。

 

 

一度頭をフラットにしてみる

悪いことが続いてしまっている時には、どうしてこんなにも続くの!? というくらい悪いことが続くことがありますよね。

 

その原因としては悪いことが起こることによって、そのことに集中してしまって視野が狭くなってしまい、そこからより悪いことに意識が集中してしまうことにあります。

 

普段の冷静な状態であれば、全く意識しないような些細なことも気になってしまうのです・・・。

 

 

まさに負のスパイラルに入ってしまっている状態ですね orz

 

 

そこでこういう状態に試してみて欲しいこととして、一度頭をフラットにしてみるということを試してほしいのです。

 

良いことも悪いことも一度リセットです

 

心を"無"の状態にしてみることを試してみてください。

 

 

そうすると完全に、とは言いませんが精神状態は比較的悪いことが起こる前の状態に近づけ戻すことが出来るようになります。

 

イレギュラーな状態なので、冷静になってください!というのは簡単に出来ることではありません。

 

私自身も出来る自信はありません(笑)

 

 

ただ、自分が普段とは違う精神状態であるということを自覚し、まずは冷静になろうと思う意思が少しでも持てたならば、そればあなたが普段のあなたを取り戻そうとしている状態になってきているということです。

 

これだけでもモチベーションは最悪の状態から考えると大きく改善していきますので、是非試してみてください。

 

冷静な頭で起こった原因を考える

もしあなたが最悪の状態から、少し深呼吸をしてモチベーションを持ち直すことが出来たならば、次に少し原因を考えてみる時間を作ってみましょう。

 

「失敗は成功の母」

 

なんて言葉もありますが、最初から失敗をしようと思って何かを行動し始める人と言うのはほとんど居ないと思います。

 

また、「試練は乗り越えられる者にしか与えられない」なんてことも言われます。

 

 

そうです!

 

今与えられている状況は試練を乗り越えられるあなたにだけ与えられて、それを乗り越えればあなたの経験値として積み重ねることが出来るチャンスとして与えられているのが最悪なモチベーションだった失敗した時間なのです。

 

 

その与えられた失敗をチャンスに変えるためにも、その失敗を振り返ってどうしてそうなったのかという原因を振り返っておくことが重要となります。

 

 

その原因を振り返っておくことによって、次に同じ過ちを犯さないための知識として蓄えることができます。

 

 

もしかすると、同じような経験をした他の人にあなたの経験を伝えることによって、失敗しそうだった人を救うことにもなるかもしれませんね♪

 

 

失敗から得ることが出来る経験値は、成功から得る経験値よりも人生にとって大きいものになる可能性が大きいです。

 

 

その経験値を得ることが出来るチャンスを、しっかり冷静な頭を持って自分のものにしていきましょう!

 

 

他人は責めない、自分を振り返る

どうしても負のスパイラルに陥ってしまう時はあります。

 

そんな時にあなたはどんなことを考えてしまうでしょうか?

 

例えば

 

 

「〇〇さんのせいで、今回は大きな失敗になってしまった」

 

「本当に〇〇さんに頼んだことが間違いだった」

 

 

なんてことを考えたりしてしまいがちでは無いでしょうか?

 

 

こういう方は是非考え方を一度見直してもらえればと思っています。

 

他人を責めて責任を回避しよう、という考え方は先ほど伝えた失敗から得ることが出来るチャンスを自ら手放してしまっているのです。

 

 

まずは自分に何か悪いことが無かったか、ということを考えるようにしてみましょう

 

 

 

ポイント

●他人のせいにしてしまうとそこで考えることをやめてしまう

●せっかくの学びのチャンスを逃してしまう

●今後悪いことが起こっても同じく他人を責めてしまう負のスパイラルに

 

という風に、せっかくの学びの機会をただ単に他人のせい、とだけで片付けてしまうのは非常にもったいないし、その他人を責めるクセというのはなかなか抜けることは無いので、どこかで考え方を改めてみましょう。

 

 

そうして自分の責任をまず最初に考えてみることによって、このような効果が考えられます

 

ポイント

●他人がどう、ではなく自分のことだけに集中できるようになる

●他人のことはコントロールできないが自分のことはコントロールできる

●今回の失敗から学ぶことで次の失敗を未然に防止できる

 

 

と今後の学びになるだけではなく、良くないモチベーションでも自分に集中することができるというメリットもあるのです。

 

 

ただ、本当にここまで考えたところでどう考えて他人が100%悪かったと思えることであったなら・・・

 

 

その時はキレイさっぱり忘れましょう!

 

 

それはあなたの対応出来る範疇では無かったことです。

 

あなたが変えられないことは仕方がないことです。

 

変えられる未来から変えていきましょう!

 

自分で自分を実況してみる

悪いことが積み重なっている時には、結構いっぱいいっぱいで自分しか見えなくなっていることもあります

 

そんな時に色々なことを考えても、いい案は思い浮かびにくいものです

 

 

こういう時に試してみてほしいのは、返ってこの状況を楽しんでみるということです!

 

 

どう考えてもこの状況を楽しめるわけないよ!

 

・・・という状況の自分を、別の自分を幽体離脱させて客観的な目線で実況してみるのです (霊感とかそういうのは一切持ち合わせていませんが 笑 )

 

 

「おーっと、Aさんかなり焦っている!」

 

「どんどんドツボにハマって悪い方向進んでいくー」

 

「さて、どうするこの状況 !?」

 

などと客観的な自分に実況させてみて、脳内再生してみてください

 

 

・・・そうするとなんだかその状況が面白おかしくなってきます(笑)

 

 

そうして段々冷静さを取り戻して、ひとつひとつ問題を片づていこう、と通常時の自分を取り戻そうとすることが出来ます。

 

 

上達するとそれを超越して、モチベーションが低くドツボにハマった状態の自分を楽しむことが出来れば、もう達人の域に達することができます!♪

 

 

といったような方法で、通常の自分を取り戻す方法をひとつ自分の中で持っていると、いざという時に役に立つものになります。

 

試練は越えられない人には与えられない

最悪な状態のモチベーションから立ち直りたい時に持っておきたい考え方5選

さて、ここまでモチベーションが最悪な時に立て直すために私がやっていることについて書いてきましたが、最後にこれは頭に入れておいて欲しいことがあります

 

 

これから大なり小なりモチベーションが落ちてしまう機会は、生きている中ではたくさんあると思います

 

ただそういう状態に陥ったとしても

 

 

「試練は越えられない人には与えられない」

 

 

ということだけは、一番最初に思い出しておいて欲しいのです。

 

 

何かの失敗やアクシデントに出会ったということは、その出来事に向かうためにそこまで何かの努力や行動をしてきた結果、その出来事に出会ってモチベーションが落ちてしまっている状態なのです。

 

これを視点を変えてみてみると、何も動いたり努力したりしない人には、その出来事に遭遇することすらありません。今回はたまたまピンチに遭遇しまったかもしれませんが、それ以上に行動することが出来る人には当然チャンスも巡ってきます。

 

次にチャンスにめぐり逢った時は、この前のピンチを経験した分のご褒美だと思えれば、今起きているピンチすらプラスに考えることが出来るようになります。

 

 

そしてそのピンチを乗り越えることが出来れば、多くの人が経験していないようなことをあなたは経験できているのです

 

 

人生のレベルが1アップしているのです!

 

 

それとあとひとつ

 

 

案外その最悪のモチベーションだったことも、あとから考えてみると大したことないこと、ということが大半であるということも覚えておいてほしいことです。

 

生きてさえいれば、また次のチャンスは巡ってきます

 

 

その日のために目の前のことをこなしながら、ダメなことがあっても切り替えて、リセットして次に進んでいきましょう!

 

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました !

© 2021 僕のアンチエイジング